2009年06月27日

FIAT CAFFE フィアットカフェ 青山一丁目

R0016320_001.JPG

《FIAT500で Va bene!!》
《FIAT CAFFE フィアットカフェ 青山一丁目》

FIAT500×Barbie

☆行った先にまちうけていたもの
港区北青山1-4-5 ロジェ青山2階
東京メトロ青山一丁目より246を神宮外苑銀杏並木のほうへ徒歩5分くらい

Introductory para

76.1Inter FM GoodMorningGarageを聞き流していた午前中
イタリアの車のメーカーFIAT社がCAFEをやっている。
そして、なにやらあれこれやっている。とのことで、

それだったら
エスプレッソでも飲みつつイタリアンダンディを学びに行こう!と
颯爽とバイクを青山一丁目に向けたわけです。

FIAT社、イタリアのイメージしかなかったわけですが、
これを機に調べてみると、
フェラーリ アルファロオメオ、マセラッティ、アバルトといった高級車メーカーを傘下にもつ
イタリア最大の自動車メーカーであって
FIAT本社はどちらかというと大衆車を扱っているようです。
http://www.fiatgroup.com/it-it/sectors/automotive/fiat/pagine/default.aspx

FIAT500はルパン3世のあの黄色いあいつです。
CAFEの一階ショールームではその新型が見れるとのことでした。
o(^ー^)oワクワクです。

D1001252.JPG

VOUCH FIAT CAFFE つづきます。


posted by ばうち at 22:03| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CAFE Collaboration系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

SEINA CAFE セイナカフェ 吉祥寺

R0015959.JPG

《ただただ瞳に誘われて》
〔SEINA CAFE〜 セイナカフェ 吉祥寺〕
 

Latte ラテ 480円

☆吉祥寺の夜の一人スペースに。
武蔵野市吉祥寺本町1-25-10ks2ビルB1吉祥寺駅 より徒歩2分

Introductory para

事前にきいていたことが
実際に聞いてみるとまったく話が違うこと。
そんなことはまあ、めずらしいことではないこと。

さわさりながら
ただ、ただ どっぷり疲れてしまうわけでして
あたまはも〜ろ〜に。

梅雨に突入して雨もザーザー。
さらにも〜ろ〜としてしまうわけです。

裏どおりををふらふらっとしていたら
ぱったり目のあった女の子。
女の子のすきとおった瞳に引き込まれていったのでした。

エスプレッソ系のバリエーションしかない
セイナカフェさんのメニューの中から

気さくなマスターの作る
ラテのスチームミルクに今日一日の疲れを
やわらいでもらいました。

SEINA CAFE つづきます。
posted by ばうち at 22:03| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Cafe エスプレッソ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

CAFE246 青山一丁目

R0016073.JPG

《 古いビルディングにとけこんでみる 》
〔CAFE246 青山一丁目〕

☆青山一丁目で PIT IN 感覚
ホットコーヒー 400円
港区南青山1-2-6Lattice青山1F
東京メトロ青山一丁目徒歩5分以内

Introductory para

梅雨の合間をぬってバイク向かった先は
赤坂ドイツパン屋さんBECKER'S DILIGHT。

その途中
神宮外苑方面から乃木坂に向かって246を渡った先にあるクランク道路にて
なんとなくCAFEの看板とすれ違って気がして、
わざわざ引き返して来てしまったのがここCAFE246。

うん、たしかにありました。

一見、外車でも売っているような雰囲気の建物。
新しいような、古いようないでたちのビルに呼ばれている気がして
バイクを脇に止めてピットイン。

店内はお洒落でもあり、ひび割れた大理石の床からは安心感が。
広々としていてなんだか 心地いい。

R0016059.JPG

オープンテラスから抜けてくるやわらかな風も心地いい。
なかなか真っ暗にならない黄昏時を青山ですごしました。

いやあ〜梅雨の合間はこうなくっちゃねv(=∩_∩=)
VOUCH

ドリンクワンオーダーで、
店内のPCゾーンが使えるそうです。
これもまた、なんとなく都心ならでわってかんじですよね。

R0016077.JPG

CAFE246 つづきます。
posted by ばうち at 22:03| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Cafe 夜Bar系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

ネルドリップについてSTUDY

A5EDA1BCA5B9A5C8A3B2.JPG


久々にSYUDYでも。

胃の調子が芳しくなく
医者に言ったら、しばらくコーヒーは控えたほうが良いとのことで
ここ、二週間ぐらい コーヒーをぐぐっと我慢しておりました。
もらった薬を飲み干したので、勝手に解禁へ。


本日のStudyは 「ネルドリップ」についてです。
こう、夜な夜なコーヒーを飲み歩いていると
出くわす この「ネルドリップ」 こちらについてSTUDYいたしました。

★辞書的には
「ネル」ということばは 「フランネル」の略語で

フランネルFlannnel
布面をやや毛羽立たせた柔らかな毛織物
本ネル 綿ネルなど種類があるとのこと

ざっくりいうと ネルシャツのネルなんだそうです。

KEYコーヒーのサイトには
flannel drip method という表現を使っていました。


★ペーパードリップとの違いは??

という疑問をはらすために 吉祥寺のWOODSTOCKさんのところに言って
ちょいくらお聞かせいただきました。

WOODSTOCKさん的には
一番の違いは、ドリップに使うネルの目が細かいそうで、
ポタリポタリとゆっくりドリップするそうです。
すなわち 濃い目にコーヒーが入るとのことです。
ゆっくり、丁寧に入れられるので、気持ちも入れられるとか。

なるほど 勉強になりました。m(__)m


ネルドリップで入れている喫茶店に出会えたら
また、ネルドリップについてのこだわりでも聞いてみたいなと思います!!

ばうち

R0015936.JPG

RIMG0685.JPG
posted by ばうち at 18:26| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Study | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。